自然との触れ合いで健康増進を図る「森林浴

"何日も死にかけた男のように、あなたの街の男は悪臭に麻痺している"

スコーミッシュ族とドゥワミッシュ族のチーフ・シアトル

私たちが過ごす環境について、これまで以上に意識することが大切になってきています。世界人口の半分を占める都市部では、ガラスとコンクリートの一枚岩が広がる中、標識に従うだけの生活になりがちです。見知らぬ顔の変容する海を通り過ぎ、酸っぱい空気を吸い、終わりのないネオンに目を凝らしながら、A地点からB地点へ、そしてB地点からC地点へ、A地点に戻るまで無限にそのサイクルを繰り返すだけである。人生はもはや個人のものではない、都市のものなのだ。

都市での現代生活は、健康への影響と無縁ではないことは周知のとおりです。都市に住む人々は、より高い確率で 喘息 と アレルギー は、農村部の人々と比較して同様に、以下のような多くのメンタルヘルスの症状もあります。 低気分、不安障害統合失調症、PTSD、アンガーマネジメント は、いずれも都市に住むと率が高くなることが分かっています。 脳に関する研究 都会で育った人の脳では、ストレス反応に関わる部位に顕著な違いが見られる。都市環境の明るい光 また、睡眠の質も低下させる可能性があります。また、都市に住む人々が経験する騒音の種類は コルチゾールレベルの上昇に関連するその結果、ストレス反応が増大し、長期にわたります。 心血管リスク.

人工的な環境よりも自然な環境で人生の大半を過ごす人がずっと多いという状況を想像するのはいいことかもしれませんが、私たちの多くは生存のために都市に依存しています。経済的な機会や住宅、教育、サービスへのアクセスは、地方では時に不足しがちな魅力的な利点です。都市での生活がもたらす健康への悪影響と闘いながら、現代のニーズを満たす方法はあるのだろうか。

新林洋の誕生

1980年代初頭、日本はこの問題を解決しようとした。この頃、東京などの都市では人口が急増し、人々の健康に大きな影響を及ぼしていた。第二次世界大戦後の技術経済の爆発的な発展は、長時間労働とストレスに満ちた日常生活をもたらした。この新しいライフスタイルに起因する餓死、脳卒中、心臓発作の発生率は非常に高く、過労死を意味する「過労死(karoshi)」と呼ばれるようになった。

日本政府は、労働法制の改善とともに、都市部の人々の健康状態の悪化に対処するため、自然に目を向ける方法を模索した。この新しい労働文化がもたらす生理的・心理的苦痛を和らげるために考案されたのが、「森林浴」という言葉である。森林浴とは、五感を研ぎ澄まして森の中に身を置くことである。運動として捉えるべきではありませんが、深呼吸や瞑想と一緒に行うプログラムもあります。 ノルディックウォーキング などの生活習慣病対策に取り組んでいます。

生命の樹ユグドラシル

日本では古くから、神道や仏教などにおいて、人間は自然と対等であるという考え方が根付いています。また、世界の多くの文化においても、自然の力、特に樹木の力は古くから認められてきました。北欧神話の「ユグドラシル(生命の樹)」や、インドの「菩提樹」の根元で悟りを開いた釈迦の姿を見れば、そのことがよくわかるだろう。しかし、科学的根拠に基づく医学の出現により、新緑をはじめとする「自然療法」が個人の生理的な健康に良い影響を与えることが証明されています。科学者によって観察されたいくつかの顕著な効果は以下の通りです。 コルチゾールレベルの低下と脳活動の低下 ストレスに関連する 心拍数、血圧の低下血糖値改善 2型糖尿病患者における免疫反応の改善と ナチュラルキラー(NK)細胞活性の上昇.

新緑の実践

この分野の研究はまだ始まったばかりですが、自然の中で過ごす時間、特に森林の中で過ごす時間は、一般的に健康にとって良い時間であるという、長い間疑われていた考えを裏付けるようになりつつあります。また、欧米を含む世界中の医師が、自然の中で過ごす時間を治療計画の一部として処方するようになってきています。しかし、自然林のない国もありますし、社会経済的に恵まれない地域では、裕福な国の人々のように豊かで質の高い緑地にアクセスすることができません。このような人たちには、どのような選択肢があるのでしょうか。

森林浴の効果のひとつは、フィトンチッドに触れることです。フィトンチッドは樹木が分泌する天然の抗菌化合物の一種と考えることができ、その成分は NK細胞活性の上昇に関与している.これらの化合物の多くはエッセンシャルオイルとして販売されており、自然にフィトンチッドを浴びたのと同様の効果が得られると考えられている。新林効研究の第一人者である宮崎良文氏。 地元の公園や庭園を選択肢の一つとして提案 また、マンションのバルコニーで植物を育てることもできます。とはいえ、どれも本物の森で過ごす時間の完全な代用にはならない。マインドフルネスの実践はしばしば 五感を刺激する という、自分の身体や環境の状態を十分に把握するためのもので、「シリンヨク」も例外ではありません。日本森林医学会の李清先生は、著書『森の中へ』の中で次のようにまとめています。

"私たちは自然界の一部である。私たちのリズムは、自然のリズムなのです。森の中をゆっくり歩いて、見て、聞いて、嗅いで、味わって、触って、私たちのリズムを自然に合わせていくのです。新緑は橋のようなものです。五感を開放することで、自然界とのギャップを埋めることができるのです。そして、自然界と調和したとき、私たちは癒しを得ることができるのです。

この意味で、新緑は私たちのルーツと再びつながる手段であり、自然が私たちにいかに良いものであるかという、何千年も前から受け継がれてきた文化的理解を科学が補強し始めているのです。新緑を単独で、多くの人が苦しんでいる不健康の特効薬と見なすべきではありませんが、木々に囲まれていることの健康効果は見過ごせません。特に都市に住む人々にとって、私たち人類が互いに、そして世界からこれほどまでに切り離され、分断された時代はありませんでしたが、現代のテクノロジーとライフスタイルは、皮肉にも私たちの社会的結束を高めるためのものでした。もし、私たちが自分の人生や健康をコントロールしたいと願うのであれば、私たち自身が自然の上にいると考えるべきではないでしょうか。それどころか、私たちは同じ布から切り出され、生物学の繊維を共有して、私たちの住む世界のタペストリーを形成しているのです。もし、私たちが世界と私たちを結びつけている糸を引きちぎり続ければ、私たちの端がほころび、私たち自身が解けていくのを見るだけになってしまうかもしれません。しかし、自然の縫い目に縫い留められていれば、私たちの健康、人間関係、そして人生がより良くサポートされることを期待できるかもしれません。

かつてヒポクラテスが言ったように。

"自然そのものが最良の医師である"

新林業については、李青先生の著書『森林浴』『森の中へ』、宮崎良文先生の著書『新林業-健康とリラックスのための日本式森林浴』『森の中を歩く』などを参考にしてください。李青は日本森林医学会会長であり、日本の農林水産省と協力して新林効の計画を進めてきた。宮崎良文教授は、30年以上にわたって新緑を研究し、千葉大学環境健康フィールド科学センター副センター長を務めています。

私の活動を応援していただける方は、下記よりご寄付をご検討ください。

GiveSendGo:https://www.givesendgo.com/tomshaw

ビットコイン bc1qp2y8a0h7ya8ctjp6lcwvwg569cml8578ts553s

ビットコインによる寄付のためのQRコード

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese