プランデミック・コンスピラシー

テレグラムの保存メッセージの中に何週間も放置されていた「The Plan」を、ようやく見る時間を得た。この映画は、2020年初頭にCOVID-19が発生するかなり前から、国際的な人物や組織が「パンデミック対策」に携わっている事例を記録したものだ。他の状況であれば、ほとんどの人は、政府がパンデミックに備えることに疑問を持つ理由はないだろう。しかし、世界の指導者たちが行った予測の驚くべき正確さは、私の心に不安な疑問を投げかけている。COVID-19に関する世界各国政府の動きは、何らかの形で仕組まれたものなのだろうか? パンデミックが誤って呼ばれるのは、確かにこれが初めてではないだろう。

Everything Is Racist|これは「ニューノーマル」なのか?

誰か、あるいは何かが、人種差別の非難の的とならない日はないように思われる。レガシーなメディアを見たり、ソーシャルメディアに十分な時間を費やしたりすると、私たちの生活の中に、社会の中の少数民族を本質的に否定するものが少なくとも1つはあるということが、ほとんどいたるところで合意されているように感じられるでしょう。しかし、21世紀にはふさわしくない無神経で不適切な存在とは、どのようなものでしょうか。私は、過去数年間のある時点で人種差別とみなされた、次のような犯罪者のリストを作成しました。ミルク薬 田舎の赤ちゃん[...]を

Grow (None of) Your Own|これは「ニューノーマル」なのか?

食料自給率の低下、国家への全面的な依存という新常態に国民は身をゆだねているのだろうか?最近の物価の高騰や、多くの国で見られる食料供給網の問題を考えると、自給自足やコスト削減の手段として、食料の自給自足に目を向けたいと思うかもしれない。戦時中のようなメッセージ性のある「Dig for Victory」キャンペーンは、国民の人気を高める手段として、指導者にとって特に魅力的なものだったと想像できます(英国の2人の首相候補と[...])。